コスメアレルギー

特定の化学物質が乾燥や刺激を起こすことがあります、これをアレルギーと言います

肌を修復するためのコスメが、逆に肌に悪い影響を与えてしまうことがあります

 

コスメの危険 例 ビタミンC誘導体

例えばビタミンC誘導体では水溶性と油溶性があり

水溶性の物は肌を乾燥させるこうかがあります

乾燥肌の人は肌を悪化させる危険がありますし

またビタミンC誘導体がたまたまアレルギーの可能性もあります

強い乾燥効果が出てきたときはアレルギー可能性が高いです、その時は使用をやめましょう

また美容アイテムの中にリン酸アスコビルナトリウムの様な刺激物が入っているかもしれません

アレルギーが起こるかどうかは人によって個人差があります

なので危険度は一概には言えませんが

保存料アレルギーでデパートコスメがほとんど使えない人も居ます

肌が弱い人はデパートコスメは使わない方が良いかもしれません

負担にならない化粧選びができるようになればよいですね

 

top

 
inserted by FC2 system